BeeLink Android Box

NUC等で日本でもメジャーなBeelinkですが、Android Boxも販売しています。
BeelinkのAndroidBoxを紹介したいと思います。

BeeLinkについて

BeeLink自体の創立はそれほど昔ではありませんが、安価なMiniPCを中心に展開をしており、
深圳のIT企業の中でもそれなりにメジャーなメーカーになります。
日本では一体型PCがNECや富士通で発売されて一定の人気がありますが、
海外ではディスプレイにこのようなMiniPCをVESAマウントに取り付けて 一体型にすることが
最近多い使い方です。(業務用途ではほぼクラウド化されており、さほど大きいPCがいらない)
MiniPCは基本的にWindowsが動くようにintelのCPUが搭載されておりますが、
小型化の強みからAndroidBoxようのARMも扱っているようです。

BeelinkのAndroidBox の種類

では実際に BeelinkのAndroidBoxを見ていきたいと思います。
現行機種は4種類になります。

  • GT-KING Pro →2019年9月発売の オーディオ特化モデル
  • GT-King    →2019年4月発売の スタンダードモデル
  • GT1 Mini   →2018年11月発売の 小型モデル
  • GT1 Ultimate →2017年10月発売の フラッグシップモデル(型落ち)

他社との違い

メモリ搭載容量が比較的贅沢


様々なAndroidBoxがありますが、特徴として比較的メモリが贅沢なことがあげられます。 GT1 Ultimate以外はすべてDRAMが4Gになりますので安定してAndoroidを稼働させることができます。ただしSoCはAmlogicですのでGPU性能は期待できません。

オーディオ特化モデルの存在


GT-King Proはオーディオに特化しており、Hi-Fiのロスレスを再生できるのはもちろんDolByやdtsにも対応
中国の電化製品はアナログに無頓着ですが、これは少しこだわって作っているようです。
(最近は工場のノウハウでだいぶアナログも強くなっているようですが)

Dual OS対応

Androidのほかに CoreELECというOSに対応しています。 CoreELECはXBMC(現Kodi)を源流としたOSです。Androidに比べてOSが軽量ですので、海外では扱いやすい存在です。(2バイト文字に弱く日本では・・・)

Beelink各型番別製品比較

Beelinkの各型番別の製品比較を掲載します。

 GT-KING ProGT-KINGGT1 MINI2GT1 Ultimate
発売日2019年9月2019年4月2018年11月2017年10月
OS Ver9.07.1
CPUAmlogic S922xAmlogic S905x3Amlogic S912
GPUMali-G52 MP6Mali-450Mail-T820
メモリ容量4GB4GB3GB
フラッシュ容量64GB8GB32GB
LAN端子搭載
無線規格ac a n g b
アンテナ数不明
HDMI2.12.02.1
4K対応対応
Bluetooth4.1不明不明4.0
RCA アナログ端子ヘッドフォンジャック搭載非搭載
オプティカルOUT未対応搭載非搭載搭載
USB3.03210
USB2.01112
マイクロB(Host)未対応
SDカードスロット搭載
電源ACアダプター5V ACアダプター

GT1 Ultimate以外は Android9に対応しておりますし Amlogic のSoCも最新のモデルですので、
かなり快適に使えそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です