長期休暇で導入する 【Wi-Fi中継器】

この記事の趣旨。 
長期休暇になると、無線中継器の需要が増えます。 
増える理由と、実際に導入で損しないための選定方法

長期休暇と無線中継器の関係

唐突と思われるかもしれませんが、長期休暇と無線中継器の導入は相関関係にあります。
これはなぜでしょうか。

長期休暇に合わせて、家のネットワークを見直す
【恒久】

普段あまり、いじれない家のネットワークを長期休暇で見直そうという方は結構います。
人気の機種に切り替えたり、速度を上げたりと、趣味の世界でネットワークをいじっている方々です。
比較的高単価の物が売れる傾向にあります。

実家に帰ったら、客間は電波が届かない。。。
【暫定】

実家に帰省される方も多いと思います。 その際に普段のネット環境と違った環境で生活するわけです。
特に客間は普段ネットをつながないでしょうから、夜つなげようにも電波が届かず
中継器を購入するパターンです。
郊外のリアル店舗や、デリバリーの短いAMAZONなどで売れる傾向にあります。
単価は比較的安めのものが選ばれます。

このように中継器といえども、明確に2パターンの買い方が存在するわけです。
今回はこの2つで対策を見ていきましょう。

①恒久的に中継器を導入する場合

恒久的に中継器を導入するポイントは下記の通りです。

  • コンセント直刺しは極力避ける
  • 中継器につなぐ製品をリスト化する
  • 中継器を買う前に 無線親機を確認する。

ポイント①コンセント直刺しタイプは極力避ける。

コンセント直刺しタイプはACアダプターを必要とせず、小型でスタイリッシュなのが多く、
一見プロモーションも広く高速でやり取りできそうに思えてしまいます。
しかし、これはイメージだけで、実際には混乱を招くことが多いです。
コンセント直刺しタイプを避ける理由を説明します。

理由1:熱飽和によるCPUクロックダウン

一般的なOA機器の最大の発熱は 交流から直流に変換する AC/DCコンバーター回り 無線用アンプ
そしてCPU回りの3か所に集中します。 コンセント直刺しタイプは各部品距離が非常に近く、
もろにCPU部分にぶつかり合います。これは小さくすればするほど影響が大きくなります。

アクセスポイント本体
WSR-1166DHP4 (866Mbps+300Mbps)
体積:935㎤(AC別)

中継器
WEX-1166DHPS(866Mbps+300Mbps)
体積:247㎤ (AC込)

アクセスポイントと中継器(コンセント直刺しモデル)の体積差 性能は同じに見えるが、実態は放熱の問題で
中継器のほうが速度が遅くなりやすい傾向になります。

理由2: 通信過多

中継器は クライアント(子機)とAP(親機)の間の通信経路を
延長するために導入されます。 
クライアントからの見え方はAPに対して送っているように見え、
AP側からはクライアントに送っている様な見え方になります。

しかし中継器は クライアントからデータを受けてAP側に送り出す処理を行う
2倍の仕事をしていることになります。 2倍の仕事をしていますので、
CPU処理も大きくなりの熱問題に突き当たり、処理が遅くなってしまうわけです。

中継器だから安価なもので良いというユーザーも多くメーカも安く設定しています。
安く設定しているという事は、CPUもチープです。

親機の場合 子機に対するUPLink DownLink

中継器の場合 親機に対してUPLink DownLink
       さらに子機にUPLink DownLink

理由3:熱設計を無視した高速モデル

高速であれば性能が高い!からよいと思わせて販売する会社もありますが、
高速規格に対応しているものは必然的にCPU・無線送出アンプの消費電力も上がります。
それを小型筐体に入れれば、CPUに熱が直接あたってしまい、速度低下を起こします。

例:TP-Link 1733 + 800Mbpsの性能を誇るが、 11ac 3×3の子機は存在しないし、800Mbps出せる
  2.4GHzもほぼ存在しない。 独り相撲で高速思考だが意味はあまりない。

ポイント② 中継器につなぐ製品をリスト化する

中継器を選定するにあたり、どの程度のものを選べばいいか困ることがあります。ですので、
中継器につなぎたいものをリスト化してみましょう。 私の家の場合は下記の通りでした。

  • パソコン
  • プリンター
  • NexusPlayer
  • タブレット(たまに)
  • スマホ(たまに)

選定する際に材料になりますのでメモしておきましょう。

ポイント③ 中継器を買う前に 無線親機を確認する。

最近の無線親機であれば、中継器機能が載っているものも多々あります。
無線親機は一般的に売られている中継器より、性能の高いCPUを積んでいることも多く、
比較的台数が出ることもあり、原価率が中継器よりも低い状態になっていることが多いです。
(要は性能が良くても安く買える)ですので、無線中継器を買わず、今の親機を子機として使うことで、
親機は最新の高速化ができ、中継器は性能の高いものを手に入れることができます。
実際に私も、そのような運用をしています。

今使用の親機が中継器モードに対応していない場合

私がお勧めするのは、中継器モード対応の親機を購入し、中継器として使用することです。
理由は今まで記載しましたが、熱対策がしっかりなされている事、もともと、CPU性能が高く、
原価率も低く、比較的安価に高機能モデルと入れることができるからです。
もちろん親機なので、LANポートもついていて、有線接続製品も使用することができます。

恒久的に中継器を導入する場合 の選び方

私の考えている中継器の選び方は下記の通りです。

  • 通信は11ac 2×2アンテナの 866Mbps
    (比較的値段が安価で高性能 速度も有線1Gに理論値が一番近くオーバースペックでない)
  • クライアント台数予測は 随時つながるもの ×2 たまにつながるもの×1の合計台数
    (前に書いた通り、中継器は受けて送りだす動作を行いますので、
     通信が2倍になります。そこを考慮しましょう。)
  • お金があるのであれば 中継専用APの設置検討も
    (中継すると、無線区間のトラフィック低下が発生するので、中継専用APや
    トライバンド機を選択するのもあり。)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です