中国輸入ガジェットの注意点

中国輸入ガジェットの選別方法

様々な中国製ガジェットの中で、選んではいけない条件が複数あります。
私の購入基準は下記の通り

  1. 会社のWEBページがしっかりしているか
  2. Youtubeなどでレビュー動画があるか?
  3. 過去に複数の製品を出しているか?(異なる世代での製品化)
  4. 他に比べて以上に安くないか。
  5. 製品イメージがCADで作られたものでないか。

1.会社のWEBページがしっかりしているか

Google等で実際に会社名で検索を行いましょう。
そこで、製品プロモーション・過去の製品実績などが一発で分かります。
ODM/OEMの相談だけだったり、階層の深くないTOPページの場合、
会社自体の信頼性が低いので注意しましょう。

ちなみにODM/OEMとは
自分のブランドでは売れない為、BtoBで販売してもらういわゆる下請けを意味します。

2.Youtubeなどでレビュー動画があるか

ある程度歴史のあるメーカの場合、海外の人たちがYoutubeに動画を上げている場合が多いです。
もちろんプロモーションでただ配りしたものも含まれますが、ある程度の信頼が出ます。
(言語はわかりませんがなんとなくニュアンスが伝わるでしょう)

3.過去に複数の製品を出しているか

中国ではOEM ODMが盛んの為、自分で工場を持たず作らせて、プロモーションだけするような
企業がたくさんあります。また、スタートアップ企業でもプロモーションだけ凝るパターンもよくあります。
スタートアップ企業の場合極端に製品ラインナップが少ない。H/Wが共通ないし、開発工数削減の為、
同じディストリビューションを流用し、用途別で販売することがあります。
Magicsee はAmlogicとRockchipの2種類のCPUのモデルがあり、この部分はクリアしていますが、
製品数は明らかに少ない事と、同じ製品名シリーズなのに、搭載しているCPUが異なるという、
難儀をしています。

4.ほかの製品に対して異常に安くないか

同じCPUを使用した場合、原価はほぼ一緒になります。ソフトウェアの開発も同じ中国の土俵でやっているため、あまり変わりません。 それで他の製品より以上に安い場合は下記のことが考えられる。

1.ソフトウェア的に何らかのトラブルを抱えて処分
2.ロットアウト部品を使用している
3.電源等重要部品がお粗末

ソフトウェアのトラブルに関しては、レビューを見ればわかるかもしれませんが、
ロットアウト部品(いわゆるB級品やチープな電源の使用は判断が付きません)
共に品質を左右する重要な部分ですので注意が必要です。

5.製品イメージ図にCADが使用されていないか

結構見かけるのですが、明らかにCAD図をそのまま製品画像にしている製品が多々あります。
これは製品完成前に商品販売を開始している場合があり、納期が未定だったり、
筐体の品質に保証ができない場合が多いです。

例:あきらかなCAD図イメージを製品の写真として使用している例

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です